【2024年最新】Bitmap関連のさまざまなプロジェクトを一挙にご紹介

bitmap Bitmap

2023年5月にビットマップ理論からビットマップが生まれました。ビットマップ理論はオープンソースのためこの理論に従ってさまざまなプロジェクトが走っています。多すぎて情報が追えない人、よくわからない人に向けて、この記事では今注目されているビットマッププロジェクトについてご紹介します。

Bitmap project1|Inscribed.space

X account https://twitter.com/InscribedSpace
Official Website https://www.inscribed.space/

Inscribed.spaceはビットコインチェーン上に任意の3D空間を構築することができるオンチェーン型の3Dメタバース構築プロジェクトです。
ユーザがビットコインチェーン上に自分の好きな3Dメタバースを構築することができます。またこの構築にあたってbitmap上に構築することができるようです。

構築方法動画👇
https://youtu.be/Y4dCruUH-Lg?si=3IuU5UClkxdnCdlF

Bitmap project2|DMT token “$BTT”

Bitmapは持っているだけでさまざまな恩恵を受けることができます。例えば最近で言うと、以下デジタルマタートークンである$BTTというトークンがあります。

このトークンは、ビットマップが持っているパーセル(Bitmapの最小単位)数をトークン化していて、トークンをbitmapを保持しているホルダーのみインスクライブできるトークンです。2024年1月20日現在では、インデックス待ちなのでおそらく1月末には流通が始まるでしょう。

bitmapを保持しているとこのようなメリットを永延と享受することができます。なぜならbitmapセオリーでさまざまなプロジェクトが立ち上がっているからです。プロジェクトごとにビットマップホルダー向けにエアドロップなどが頻繁に行われるでしょう。

Bitmap project3|BRC-20 token “$BMP”

Official Claim site bmpbrc.com ※すでに締切済み
Unisat Token Page https://unisat.io/brc20/%24BMP

$BMPは、BitmapホルダーのみがクレームできるBRC-20トークンです。2023年12月末までに800,000.bitmapまでのBitmapを持っているホルダーを対象にしています。2024年1月現在はすでにクレーム期間は締め切られています。

Bitmap project4|BMPT

BMPTはTAP系のトークンで、Xアカウント@bitmaptokenが提唱しています。これはBitmapのホルダーに対してエアドロップされるトークンで、2024年2月後半にエアドロップされました。

Bitmap project5|Meriln chain

Merlinchainはビットコインのレイヤー2におけるプロダクトです。このプロダクトでは、BitmapをはじめBRC-20、BRC-420の資産を使って、ステーキングをすることができます。

2024年2月上旬には、15万近いBitmapがステーキングされました。4月までステーキングがロックされますが、Bitmapを使って何か別の資産を得るという新しい取り組みで非常に注目されています。

またMerlin Chainのバックについているプロジェクトとして、大きな母体であるRSCVというプロジェクトもあります。

コメント

Copied title and URL