ビットコインNFTマーケットプレイス|国内・海外のマーケットプレイスを紹介

ビットコインNFT NFT

本記事ではビットコインチェーンを使ったNFTを取引できるNFTマーケットプレイスをご紹介します。2023年の初頭からビットコインNFTは海外で発祥しましたが、日本では2023年は一部界隈のみのユーザでは話題となっていました。

2024年に入り、日本でもインフルエンサーによって広められ始めているので、今回はビットコインNFTについてご紹介します。

ビットコインNFTとは?

まず今話題のビットコインNFTとは何か?についてご紹介します。

ビットコインNFTとはビットコインチェーン上に直接刻まれたNFTです。ここでいうNFTは画像データ、テキストデータ、HTMLデータ、音楽データ、3Dデータ、などを指します。

これまでビットコインチェーンはビットコインのみの送金だけで利用されていましたが、さまざまな開発を経た結果、ビットコインチェーン上に直接ビットコインNFTを書き込むことができるようになりました。

ビットコインNFTの価値

ビットコインNFTの価値について一言で説明すると、ビットコインチェーン上に直接刻まれた消すことができないNFTであると言うことです。

Open Seaなどに出品されているNFTは、イーサリアムや、ポリゴンチェーンのNFTですが、これらは実際にはブロックチェーン上には存在しません。ブロックチェーン上にデータを格納してしまうとデータが大きすぎて手数料が非常に高額になってしまったり、チェーンの負担になってしまうからです。

そのため、これまでのNFTは結局クライアントサーバ、つまり普通のサーバに保管されているのです。このサーバが壊れてしまえば、NFTデータは消失します。

一方でビットコインNFTは、Ordinalsプロトコルという技術を使い、直接、画像データをビットコインチェーン上に刻むことができます。そのため、ビットコインチェーンがなくならない限り、それらNFTデータは存在し続けることができるのです。

ビットコインNFTの主要NFTご紹介

ビットコインNFTは、すでに沢山のNFTがビットコインチェーン上に刻まれています。それらの中で有名なビットコインNFTをいくつかご紹介いたします。

ビットコインNFT|Bitcoin Frogs

ビットコインNFT|Bitmap

ビットコインNFT|Pixel PEPE

ビットコインNFTマーケットプレイス|国内

2024年現在、ビットコインNFTを取り扱っている国内のマーケットプレイスは1つだけしかまだ存在しておらず、以下「BitRoom(ビットルーム)」というビットコインNFTマーケットプレイスのみとなっています。

ビットコインNFTマーケットプレイス「BitRoom」

ビットコインNFTマーケットプレイス「BitRoom」は日本国内で初めてのビットコインNFTを取り扱うNFTマーケットプレイスです。現在サイトは構築中のようですが、2024年3月にローンチされる予定です。

取り扱い予定のビットコインNFTは、大人気のビットコインNFTであるBitmapから始まり、日本で有名なNFTアーティストのNFTを多数取り揃える予定とのこと。今後のビットコインNFTマーケットプレイス「BitRoom」の展開に注目です。

ビットコインNFTマーケットプレイス|海外

海外では多数ビットコインNFTマーケットプレイスが存在しています。海外は本当に動きが早いですね。以下に主要の海外ビットコインNFTマーケットプレイスをご紹介します。

ビットコインNFTマーケットプレイス「MagicEden」

ビットコインNFTマーケットプレイス「MagicEden」のリンク

マジックエデンは、ビットコインNFTだけでなく、Solanaチェーン、イーサリアムチェーン、ポリゴンチェーンのNFTを扱っている大規模のNFTマーケットプレイスです。

ビットコインNFTを購入する場合は、Unisatウォレットや、Xバースウォレットなどを繋げばすぐにビットコインNFTを取引することができます。

ビットコインNFTマーケットプレイス「Ordinals Wallet」

ビットコインNFTマーケットプレイス「Ordinals Wallet」のリンク

ビットコインNFTマーケットプレイス「Unisat」

ビットコインNFTマーケットプレイス「Unisat」のリンク

コメント

Copied title and URL