Bitmap (ビットマップ)急上昇|時価総額2億3,500万ドル・ビットコインメタバースの先駆け

bitmaps Bitmap

Bitmap Theoryは6月ころにフリーミントが開始されました。しばらく2〜3ドルで購入できましたが、12月末現在、その勢いは急速に高まっています。Bitmap Theoryは、Bitcoinブロックチェーン内に頻繁にメタバースと呼ばれるデジタル領域を統合することを目指しています。

Ordinals Wallet
Ordinals Wallet

新しいビットコインのプロトコルであるOrdinal inscriptionテクノロジーの革新的な活用により、Bitmapは個人がBitcoinブロックチェーンのセグメントの所有権(インスクリプションとビットコインブロックを1:1で紐づけることができる)を主張できるようにしています。

現在、Bitmapは約25億ドルに達する市場規模を誇り、
過去2か月で5500%以上の急増を達成しています。

ビットコインの新しい概念「Bitmap Theory」が仮想空間を切り拓く

NFT市場のダイナミックな世界では、Magic Eden上のBitmapコレクションがBitcoin Frogsシリーズに次いで取引ボリュームで2番目になる強力な存在として立ち上がっています。最近の1週間で、Bitmapで約125.27 BTCまたは約5,480,000ドルが取引され、直近24時間のボリュームは約34,370ドルとなっています。

Bitmapの最低価格は約0.00680 BTCまたは296.71ドルであり、市場評価は25億ドルに達しています。さらに、2023年12月21日には3億ドルを超えることもありました。

Bitmap Theoryはまだ初期段階にありますが、XユーザーのBlockamotoによって考案された革新的なオープンソース標準で、Bitcoinブロックをメタバースの不可欠な部分に変えるビジョンを掲げています

Bitmap Theoryの驚異的な成長:25億ドルの評価でビットコインメタバースを先導 2023年12月22日時点で、Bitmapの最低価格は0.005から0.007 BTCの範囲で推移しています。

この取り組みでは、参加者はOrdinalsとBitmapを使用してBitcoinブロックの所有権を主張し、これらのブロックをデジタルユニバースに埋め込む分散型の方法を提供しています。Bitmapの信者たちは、これが将来の「Bitcoinメタバース」を構築するための先駆的な戦略であると考えています。

さらに、Bitearthというイニシアチブは最近、「Bitmapのための不変の拡張現実を作成する」という使命を発表しました。これにより、Bitmapの所有者は地球の一部を指定されたスライスとして所有できるようになります。

ウェブサイトbitearth.ioはこれらの部分を地図にリンクし、3DのBitcoinオレンジの構造を組み込んでいます。基本的に、BitmapはSandboxやDecentralandといったプラットフォームに対抗するビットコイン中心の相手であり、愛好者はその可能性がこれらの巨大なプラットフォームに匹敵し、さらには超える可能性があると主張しています。

Bitmapが25億ドルの市場キャップでメタバースに自らのニッチを築く中、それはイノベーションと推測の交差点に立っています。

急速な成長と先駆的なテクノロジーは明るい未来を予示していますが、デジタル領域の不安定な性質と進化するブロックチェーンの風景は、Bitmapの運命を興味深くも不確かなものにしており、観察者を理論的でありながらも可能性に満ちた未来の地平線へと誘っています。

コメント

Copied title and URL