RUNE(ルーン)とは|840,000ブロックから始動?謎多きRUNEについて解説

RUNE

RUNEとは

RUNE(ルーン)とは、Ordinalsの創設者「ケイシー」が提唱した新しいordinalsにおけるプロトコルです。

このプロトコルは、OrdinalsのBRC20と同様に、RUNE上で新しいトークンが発行することができます。しかしこのRUNEは840,000ブロック以降に始動する予定で、それまでPre RuneということでRUNEをマイニングすることができます。

現在様々なRUNEプロジェクトが生まれており、Rune MinerということでマイニングマシンNFTを購入し、ユーザはひたすらRUNEをマイニングしているのです。

RUNEとBRC20の違い

Rodarmor は、Rune を最小限のオンチェーン フットプリントと責任ある UTXO 管理を備えたシンプルなプロトコルとして説明しています。

Runes は、複雑で UTXO ベースであるBRC-20 トークン標準とは異なります。BRC-20は過剰なジャンク UTXO を生成し、ビットコイン ネットワークを混雑させます。

Runesの目標は、効率の低い Ordinals ベースの BRC-20 トークン規格を置き換えることです

RUNEマイニングプロジェクト

たくさんのRUNEプロジェクトが2月からスタートしており、いくつかのRUNEプロジェクトをご紹介します。前提として、各プロジェクトごとに、RUNEが存在しています。つまり、RUNEは複数の種類が存在します。

RUNE|RSIC

RSICは1番最初にスタートしたRUNEプロジェクトです。このマイナーは特定の条件を満たしているユーザに対してエアドロップされました。つまり無料で手にすることができました。しかし2024年2月末現在では、0.1BTCというとんでもない価格をつけているRUNEマイナーです。

ブースト機能があり、ブーストのNFTを利用するとRUNEのマイニングスピードがアップします。

RUNE|RUNE Guardians

RSICの次に出てきたプロジェクトです。

RUNE|Genesis RUNE

RUNE|RUNE MANIA

コメント

Copied title and URL