【Doginals】Dogemapとは?|DRC-20とは?|$Dogi $DCEX

doginals Doginals

Dogecoinが新たな進化を遂げ、DogemapやDoginals DRC-20と呼ばれるトークン規格を導入したことが紹介されています。以下に要点をまとめます。

Dogemapとは?

Dogemapとは、Doginalsプロトコルを利用し、Dogeチェーンのブロックに対して1:1のコードを刻み込み、ブロックのいわゆる所有権です。

ビットマップ(Bitmap)と同様の理論によって成り立っていて、Dogemapはそもそものブロック数が多いためビットマップほどの希少価値はありませんが、一部レア度が高いDogemapについては、数千ドルの価値がつくケースも出てきております。例えばPrincipal Punksなどは、1500ドルなどで取引されています。

Dogemapは現在ビットマップのような具体的なユーティリティ、ユースケースは出てきていませんが、今後認知度が拡大していくにつれて、開発が進むでしょう。Bitmapと違い、トランザクション手数料やスピードが非常に早いため、活用方法は色々広がる見込みです。

Doginalsが今後台頭していくにつれて、Dogemapも注目されると筆者は感じています。

Dogemapの買い方

Dogemapの買い方は、マーケットプレイスで購入する方法のみです。

以下のマーケットプレイスでDoginals専用のウォレットを作成し、そのウォレットへ仮想通貨Dogeを送金します。そして、そのDogeでDogemapを購入します。

DoggyMarket
Doginal Explorer

どちらの取引所も安全に利用することができます。

DRC-20とは?

  • DRC-20はDogecoinの新しいトークン規格であり、これによりDogecoinはメメコインから脱却し、より多様なブロックチェーンプラットフォームに進化しました。
  • Dogecoinにとっては、これまでのERC-20やBRC-20に比べて独自性があり、Dogecoinネットワーク内での交換可能なトークンの発行を可能にします。これにより、トークン化やNFTの制作などが可能になりました。

DRC-20の特徴と利点

  • DRC-20は高速な取引、低い手数料、Dogecoinに特有の機能を提供し、交換可能なトークンやNFTをサポートします。
  • トークンの作成はデプロイとミントの2つの機能を使用し、トークンの安全で透明な転送を可能にします。
  • 制限事項もあるが、18桁までの小数点とトークン供給制限などがあり、これにより価値と管理が実現されています。

DRC-20と他のトークン規格の違い

  • DRC-20はDogecoinネットワーク向けに設計されており、特に高速なトークン転送を提供しています。これに対して、ERC-20やBRC-20はそれぞれEthereumやBitcoinネットワーク向けに開発されており、トークン転送の速度がDRC-20ほど優れていません。
  • 低いトランザクション手数料もDRC-20の利点であり、これは特に頻繁な取引を行うユーザーにとって経済的です。
  • DRC-20はDogecoinのコミュニティ志向に合わせて設計されており、ERC-20やBRC-20はより広範なアプローチでEthereumやBitcoinネットワーク向けに設計されています。

DRC-20トークンの作成プロセス

  • DRC-20トークンの作成はデプロイとミントの2つの主要なステップから成り立っています。デプロイはトークンの基本的な特性を定義し、ミントは実際のトークンを生成します。
  • トークンの管理はスマートコントラクトによって行われ、セキュアで分散化されたトークンのライフサイクル管理を保証します。

DRC-20トークンの転送プロセス

  • トークンの転送はユーザー間で安全かつ効率的に行われます。トランザクション手数料が存在し、送信者が十分なトークン残高を持っているかどうかが確認されます。
  • 一度転送命令が実行されると、それは再利用できないため、セキュリティが向上し、二重支払いを防ぎます。

DRC-20の制限

  • DRC-20の制限として、最大18桁の小数点までしかサポートしていないことが挙げられています。これはトークンの分割性を決定する上で重要です。
  • その他にも、トークンの合計数に上限があり、トークンの価値を守るために設定されています。

DRC-20の買い方

現在DRC-20は様々な種類がありますが、基本的に以下のサイトで購入することができます。また取引所でも一部DRC-20の通貨が買うことができます。

購入する際に必要になる通貨は全てDOGEになります。

DoggyMarket
Doginal Explorer

結論

  • DRC-20の導入はDogecoinにとって重要な進化であり、メメコインから多面的なブロックチェーンプラットフォームへの変革を示しています。この規格はDogecoinの機能性を豊かにし、デジタル通貨以外の用途にも拡大させています。技術的な制約があるものの、DRC-20はトランザクションの追跡とトークンの価値維持に寄与できるでしょう。DRC-20が将来的にDogecoinの進化にどのように寄与するか、注目されます。

Doginals関連サイト

DoggyMarket
Doginal Explorer

コメント

Copied title and URL