BRC-420|ビットコインメタバースのオープンソースが目指す姿

BRC420 Bitmap

BRC-20とは、ビットコインordinals Protocolに則った通貨ですが、そこから発展した「BRC-420」が登場しました。このBRC-420について本記事では解説します。
https://rcsv.gitbook.io/brc-420/

BRC-420とは

簡単に表現すると、ビットコインメタバース構築をするための基盤プログラミングです。このプログラミングを利用することで一貫したメタバース・ゲームを構築することができます。

また、クリエイターがBRC-420で構築したアートや通貨、ゲーム、メタバースなどは、クリエイターに還元されるNFTの利点も活かすことができるプログラミング技術です。

BRC-420が解決する課題

現在のWEB3業界では、メタバース、ゲームなどのサービスが、各チェーン上で独立して展開されており、そのサービスが終われば全てが終わり=価値がなくなるという課題を解決することを目指しています。

例えば、ブロックチェーンゲーム大手のDEA社が展開しているゲームサービスは、2023年末に立て続けにサービス終了となりました。そのゲーム上で使われていたNFTなどはただの電子ゴミとなります。

【重要】サービスの停止について | Graffiti Racer l グラフィティ レーサー l 世界がエキサイトする新感覚NFTゲーム
Graffiti Racerをお楽しみ頂いている皆様へ 平素より『Graffiti Racer』を遊んでいただきありがとうございます。 誠に勝手ながら『Graffiti Racer』は、2024年1月24日(水)12:00(JST)をもって...

BRC-420では、共通基盤としてビットコインOrdinalsプロトコルを利用し、BRC-420をオープンソースとして展開し、それをベースに各サービスを構築することで全てのゲーム・メタバースなどは1枚に繋がることができるのです。

BRC-420を作ったチーム

BRC-420を提唱しているチームは「Recursiverse」です。

また関連BRC20トークンはRCSVでUnisatでは高額で取引されています。

UniSat Wallet
UniSat Wallet - the first open-source browser extension wallet for Bitcoin NFTs!

BRC-420のマーケットプレイス

BRC-420のマーケットプレイスではすでにいくつかのアイテムが出品されています。

コメント

Copied title and URL