Merlin Chain Bitcoin Layer2|マーリンチェーンが解決する課題

merlinchain Bitmap

2024年2月にMerlinchainマーリンチェーンがローンチされました。マーリンチェーンにステーキングをすることでマーリンポイントが割り当てられ、その後マーリンチェーンのネイティブトークンが受け取れるそうです。この記事ではマーリンチェーンが目指す姿についてご説明します。

Merlinchain マーリンチェーンとは

マーリンチェーンとは、bitmap Techというビットマップのメタバースや、リカーシブNFTのサービスを提供しているテック企業の子会社が開発している Bitcoin Layer2のサービスです。

BitmapTechとは

bitmap Techは主にbitmapを活用したサービスや、リカーシブというNFT技術を使ったサービスを展開しています。特に注目されているのはBRC-420です。

BRC420は、bitmap上のメタバースにおいて流通する資産のプロトコルであり、bitmap上であればシームレスにやりとりすることができます。これまでのメタバースではメタバース間の資産の移動はできませんでしたが、BRC-420では価値の移動がシームレスに可能となります。

Merlinchain マーリンチェーンの目的

Merlin Chain は、ZK-Rollup ネットワーク、分散型オラクル ネットワーク、オンチェーン BTC 不正防止モジュールを統合したネイティブ スケーリング ソリューションを提供します。

ビットコインのネイティブ資産(BRC20,BRC420,BITMAP,BITCOIN等)の価値流通をシームレスにチェーン間で行うことを目指しており、Merlin Chainがビットコイン<>イーサリアムなどの異なるチェーンで価値交換を行うためのプラットフォームとなります。

MerlinChain マーリンチェーンのネイティブトークン”$MERL”

マーリンチェーンで使われているネイティブトークンは$MERLです。このMERLの割り当ては以下のような割り当てで構成されており、2024年3月現在、ステーキングによる割り当てが行われています。

ステーキングでの割り当てが最も大きく、他のプロジェクトと比べて珍しい割り当て割合となっています。今後、ステーキングだけでなく、DeFiにおける報酬などでもMERLが使われる予定です。

ステーキングで得られるMerlinPoint

補足として、ステーキングで得られるMpointについてご紹介します。特定の資産を預けることによってMpointを手にいれ、それらを2024年3月からMERLに交換することができます。以下の資産が現時点でステーキングが可能です。

Mpointの獲得については、以下引用をご確認ください。

Mポイントのルール
スナップショットはステーキングされた資産を 1 時間ごとにキャプチャし、その価値を $BTC に変換します。その後、ユーザーは、($BTC での賭け金) * 10,000 (切り捨て) に相当する M ポイントを毎日受け取ります。
たとえば、ユーザーが 10 $ORDI をステークしており、$ORDI スナップショットの 1 日の平均価格が 60 ドルで、その日の $BTC スナップショットの平均価格が 40,000 ドルである場合、ユーザーは次のように計算された M ポイントを受け取ります: (10 * 60) / 40,000 = 0.015 $BTC、翌日には 0.015 * 10,000 = 150 M ポイントに換算されます。
ユーザーは継続的に新しい資産を賭けることができ、より多くの M ポイントの蓄積に貢献できます。毎日の M ポイントの計算は、前日の合計ステーキング値に基づいています。ユーザーごとの最終 $MERL = (受け取った M ポイント / 合計 M ポイント) * 合計 $MERL 金額。

https://medium.com/@merlinchaincrypto/merlins-seal-the-biggest-fair-launch-of-layer2-5614001b2582

$MERLの価格

merlinchainマーリンチェーンのネイティブトークンであるMERLの価格は、2024年3月時点ではまだローンチされていませんので分かりませんが、プリセールのサービスサイトであるウェールマーケットでは約3ドルで取引されています。
https://app.whales.market/?token=MERL

MTokenとは

Mtokenとは、マーリンチェーン上で流動性トークンとして機能します。M TOKENは、マーリン チェーンのエコ プロジェクトとシームレスに連携できるように設計されており、元の資産はロックされている間、収益の可能性を最大化します。

  1. ユーザーは、Merlin’s Seal のブリッジを通じて Cobo およびその他の専門パートナーが管理する MPC ウォレットに資金を入金すると、これらの MPC ウォレット内の資産はロックアップされます。
  2. Merlin’s Seal に賭けられた資金に基づいて、$MBTC/$MORDI/$MW420 などの M トークンが Merlin のメインネット上で生成されます。
  3. M-トークンは、Dex の取引や流動性の提供、または DeFi プロトコルに参加して追加利益を生み出すために利用できます。
  4. M トークンはマーリン チェーンの外に転送することはできませんが、取引することはできます。M トークンが販売された場合、売り手は引き続き M ポイントを受け取りますが、元のデポジットを取り戻すことはできません。一方、買い手は購入した M トークンで元の資産を請求できます。
  5. MPC ウォレットにロックされている元の資産は 4 月に解放され、ユーザーは M トークンを使用して資金を引き換えることになります。

Merlin Chainをプラットフォームとして活用しているプロジェクト

コメント

Copied title and URL